生理痛が辛すぎる!そんなときは婦人科に行きましょう

生理痛がひどいときは病気の可能性があります

毎月、生理痛がひどくて困っているという人はいませんか。生理痛がひどい時は子宮内膜症などの病気の可能性もあります。特に市販の鎮痛剤も効かないというような場合は要注意です。病気にかかっている場合、妊娠出産に影響が出る可能性もあります。こんなときは我慢せずに婦人科に行くことをおすすめします。毎月激しい痛みが襲ってくる状態では生活の質も低下します。婦人科へ行くのは抵抗があるかもしれませんがきちんと治療したほうが良いですよ。

どうやって検査するの?

婦人科に行くと生理痛の痛みの原因を調べてくれます。内診では子宮や卵巣の状態をチェックし、膣内の触診もします。ゆったりとしたスカートなど検査しやすい服装で行くことをおすすめします。また、腹部の状態を調べるため超音波検査を実施する場合もあります。さらに、おりものや血液の検査を行うこともありますよ。この検査では感染症の有無やホルモンの状態を確認できます。このほか、MRI検査やCT検査で卵巣の病気や子宮内膜症の状態を調べることも可能です。

生理痛の治療方法は?

生理痛の原因を突き止めたら治療を行うことになります。子宮内膜症や子宮筋腫が原因の場合は手術をする可能性もあります。痛みの原因が病気出なかったときは低量ピルを処方されることが多いです。低量ピルを飲むと生理痛が緩和されるだけでなく生理周期が安定するというメリットもありますよ。また、漢方に対応している病院ならば漢方薬を処方してもらうことも可能です。漢方薬は一般の薬に比べると副作用が少ないので薬が苦手な人にもおすすめです。

妊娠している場合、巣鴨の婦人科に行くことによって出産することができます。また、妊娠しているかどうかの確認もできます。