文明の利器!?LED化されて便利なもの3選

凄く明るくなったペンライト

電球とは違い、LEDは通電すると光る物体です。電球のように球切れという状態はなく、寿命は豆電球に比べ遥かに長くなりました。更に、同じ消費電力であってもLEDの方が圧倒的に明るく、本当にいいことばかりのLEDです。そんなLEDの力を発揮しているのが、その明るさです。例えばペンライトなどは、単三電池を使った電球の商品は今までにありましたが、それがLEDに変わっただけで、圧倒的な明るさが生み出され、その利用方法すら変えるほどです。

室内で使うルームランプ

従来、室内で使われる電球はダウンライトは、フィラメントを使った電球が主流でしたが、これにとって変わったものがLED電球です。LED電球は、当然ですが従来の豆電球に比べ寿命が長く、10年は利用できるとされています。LED電球は暗い室内をかなり明るく照らしてくれます。しかし、近年、LED電球であっても、接触不良などによって、実際には10年も寿命がもたないという報告が相次いでいます。しかし、消費電力も安いので、それでもお得であることは言うまでもありません。

自動車に使われている電球のLED化

今まで自動車の電球には、全て豆電球が使われていました。この豆電球の寿命は短く、更に明るさにも若干の難があったと言えます。現在、販売されている新車の多くには、豆電球ではなく、LEDが使われています。それは、車内のルームランプもそうですし、テールランプやブレーキランプ、ウインカーに至るまで、ふんだんに使われています。LEDは非常に明るく、視認性に優れているため、後方車両が安心して走行できるというメリットがあります。

LEDライトパネルは、店頭におけるPRや施設における案内など、様々なシーンにおいて役立つアイテムで、屋外で使用可能なタイプも存在します。