3種類の包茎の種類とその治療方法について

日本人に最も多いタイプ

日本人に最も多いタイプの包茎と言えば仮性包茎ですよね。仮性包茎は不潔になりがちだったり毛を巻き込んで傷つけたりしやすいなどの他、刺激に弱いので早漏になりやすいとされているものです。清潔にしたり排尿時に剥くようにするなどすれば基本的には治療の必要がないと言われているものですが、コンプレックスになってしまっている場合などにおいては手術をした方が良いケースもあります。最近では矯正するためのグッズなども販売されているのでそういったものを利用するのも手でしょう。

性感を損なわずに手術するなら

真性包茎やカントン包茎は手術が必要な包茎になりますが、手術をすると性感が損なわれるというイメージが強く手術に消極的な人も多いですよね。性感を損なわないためには包皮小帯部いわゆる裏スジと呼ばれる部分を残すことが大切になってきます。その包皮小帯部を残す手術方法が環状切開術という手術方法で、ある程度余裕を持って包皮を切除する方法になりますので、術後に勃起した時などにおいてもツッパリ感など無く性感の低下も無い方法になります。

手術したことがバレにくい!

環状切開術は基本的な手術法ですが、どうしても包皮の先端部分を切除するという方法になりますので手術をしたことが分かりやすくなってしまうのが特徴です。手術をしたことを気付かれにくくしたいという人に人気になっているのが根部環状切除術です。これはペニスの根元の部分の包皮を切除するという手術方法になるので傷跡が目立ちにくいのですね。ただし、この手術方法は真性包茎や包皮の余った料が非常に多い人には向かない方法になります。

包茎とは勃起時ではなく通常時も亀頭が皮を被っている状態のことを言い、手術により解消することができます。